スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吸入

よい子で吸引

ここ2週間くらい、長い風邪をひいています。
熱はないものの、朝方と寝る前に、咳をして本人もぐっすり眠れない様子。
病院からもらった薬を飲ませてみるものの、咳が変わらず続くので、昨日は再度病院へ行ってきました。
先生の提案で、吸入しようということに。。
やっぱり、うりクンの咳が気になる模様・・・

嫌がる子が多いという、この15分間の吸入中に、看護婦さんの言うとおりにおとなしくしていられたので、先生も相当誉めてくれました。

「そんなに他の子は嫌がるものなんですか?」

「ええ、こんなにいい子で待っていられる子は初めてです。」



それもそのはず・・

視線の先には、
大好きなTV番組、「おかあさんといっしょ」が。

テレビ見ながら吸引

テレビを見ている間は、今までの怪獣はどこへ行ったのかと思うほど、おとなしくなるのです。

「ママ~!もくもくしてるよ~!!」

と笑顔まで振りまいてくれました。





明日から帰国なので、
成田では発熱しないでくれることを祈るのみです!!







スポンサーサイト

幼稚園へ

9月から幼稚園へ行き始めたうりクン。

前に別の幼稚園で体験入学をした時、さんざん泣いていたので、今回も覚悟はしていたものの、やっぱり最初は大泣きでした。

8月末の最後の日に、前からここに入れることになるだろう・・・と思っていた幼稚園での1日体験。

この幼稚園は、同じマンションに住むお友達が多く通っているのと、課外授業が充実していて、子供たちが思いっきり遊べる広いお庭があるのがいいな~と気になっていたところです。

あと、毎日午前中にカナダ人の先生がギターを持ってやってきて、英語の歌を歌ってくれるのも、音楽好き&ダンス好きのうりクンにはウケルだろうと・・・♪


そんな1日目、
8時半。

ママと離れる時、大粒の涙と鼻水をこれでもかというほど出して泣きまくるうりクンを、先生がひょいっと抱きかかえて、お庭へ連れていく。
ママもここはサッサと離れなければ・・・と玄関口で入学の手続きをしているうち、まだ泣き続けている様子。
それからママは他の幼稚園ママと、その場を離れてしばらくお茶へ。。。


11時半、お迎えに。

部屋をソーッと覗き込むと、とりあえず泣いてはいない様子。
先生の膝に座って、絵本を読んでもらって、デンマーク人の男の子に

「だーさおゆぅ~!!(サメ!!)」

と、サメのマネをしてました(笑
(中国語、通じてないよ?)


あら?思ってたよりいい感触?


先生の報告では、それから30分ほどずーっと先生に抱っこされながら、泣き続けていたらしい。
その後、おやつのスイカを2切れ食べて、絵本を読んでもらって、2回おもらしして、今は大丈夫だと。

このとき思いました。
早く幼稚園に慣れさせるコツは、血管が切れそうなくらい大泣きされても、ここはママも抱きかかえてあげたいのを我慢して、見切りをつけてサッサと退散するべきだ・・・・と。
泣き始めると、かわいそうだと思ってついつい一緒にいてしまいがちだけど、これはダメ。
子供も泣けばママがいてくれると思っちゃうみたいで。ズルズル・・・が子供にもママにも、よくないみたいで。
勉強になりました。


2日目、7時半。
この日からスクールバスで通うことに。
いつもマンション下の公園で遊ぶお友達が一緒なので、楽しそうになんなく乗り込んでくれました。
意外にアッサリで、ホッ。


ランチが済んで、12時20分。
マンションの前でお迎え。
スクールバスからママを発見したうりクン、

「ッママ!!」


となんとまぁ、不安と安心が混ざったような複雑な表情で降りてきました。

「よかった!ママ~!!ママ~!!って泣いちゃったの」

って、報告してくれました。
でも、幼稚園では思ってたよりがんばってきてくれたらしく、先生からの連絡帳には、「今日は最初は泣いたけれど、泣いてない時は楽しそうだった。」らしいニュアンスの言葉が。。。

おお、息子よ。。涙


3日目、7時半。
スクールバスの乗り場で、「ママ、一緒 行こう!!」と泣き出す。
お友達も一緒なのに、昨日の経験から、バスではママがいないと気がついちゃったみたい。
でも、ここはバスに乗っててくれる先生にお願いして、無理やり座らせてもらう。

大泣き。
涙も、鼻水も、全部出してる。

息子よ、ここはこらえて、成長しておくれ。


12時半、お迎え。
前日と同じように、ママの顔を見ると安心しきって戻ってきた。
やっぱり、子供なりに相当気が張っているんだと思う。こんな顔、今まで見たことない。
「よくがんばったね、えらいね、ママ、うりクンが大好きだよ。」といっぱい誉めてあげる。
連絡帳にも、「今日は5分間だけしか泣かなかった」と。ほんとかな?


4日目、7時半。

家を出る前に、

「うり、泣かないよ。」「全然、大丈夫!」

と言った。ビックリした。
うりクン、がんばってるんだ。自分に言い聞かせてたのかな。
心配させないように、言葉かけてくれたんだね、きっと。(涙
ママもちょっと泣きそうになる。

でも、バスに乗り込むとき、「ママも一緒 行こう!」と
泣き声で言う。

がんばれ、がんばれ。

12時半、お迎え。
バスの付き添いのオジサンに抱っこされて、ウトウトしてた。
疲れちゃったんだね。いっぱいがんばったもんね。



そして一週間が過ぎ、週末、
待て待て待て~ぇ
こんなに楽しそうに、パパと追いかけっこ。

パパ、お魚さん!
レストランの水槽でも、いちばん上の魚だって見えるもんねー

幼稚園に行かないでパパと遊べることが相当嬉しかったのか、お昼寝もせず、はしゃぎすぎて、日曜日の夜に熱を出す。
気疲れもあり、泣き疲れもあり、環境の変化に一生懸命に対応しようとがんばって、熱が出ちゃったのかな。
親にとっても、子供にとっても、初めての幼稚園は、とにかくドキドキの毎日ですね。


これから1ヵ月、うりクンがどうゆう風に変わっていくのか、そっと見守りたいと思います。

























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。